女性が突然濡れなくなってしまう原因と対処法とは

セックスをする際に女性のアソコが濡れないと、うまく挿入できないですよね。

 

けれどある時から急に濡れなくなってしまった、という経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

 

女性が濡れなくなるのにはいろいろな原因が考えられます。

 

その中には性病が原因で発症することもあります。

 

性病の中には放っておくと危ないものもあるので、きちんとした治療が必要になります。

 

性病があるとパートナーにも移す可能性があるので、早めに検査、治療を行った方が安心です。

 

ここでは女性が突然濡れなくなる原因をご紹介します。

 

濡れなくなった経験がある方は、ぜひ参考にしてください。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる

 

原因1:精神的要因で濡れない

女性に精神的な負荷がかかると濡れなくなることがあります。

 

例えば極度に緊張している時には濡れにくくなる人が多いです。

 

一度濡れなくなってしまうと、次からは「もし今回も濡れなかったらどうしよう」という思いが強くなって、また濡れなくなるという悪循環を生じます。

 

精神的な要因で濡れない場合、原因となるストレスをとってあげると濡れやすくなります。

 

緊張が強い場合はリラックスできるまでセックスを待ってみると、濡れやすくなるでしょう。

 

また何度もセックスをしているうちに慣れてきて、段々と濡れやすくなってきます。

 

それでもダメな時はお医者さんに相談するのも手です。

 

たとえ女性が濡れなかったとしても、ローションがありますから心配ありません。

 

濡れないとセックスできないと思うのではなく、別に濡れなくてもなんとかなると気楽に考えましょう。

 

原因2:性交痛があるせいで濡れない

性交痛を感じると濡れにくくなることがあります。

 

痛いという精神的な負荷がかかるからです。

 

性交痛には様々な原因があります。

 

例えばお互いのサイズが異なるため、挿入する際に痛みを生じやすいことがあります。

 

このような場合はセックスを繰り返すうちに、性交痛が和らいでいく傾向にあります。

 

性交痛で問題なのは性病が原因で痛みを生じている場合です。

 

特に女性側が感染している時に多いのですが、性病に感染していると膣炎を合併することがあります。

 

膣に炎症が及んでいる場合、痛みに敏感になっていることが多いので、セックスで膣が動かされることで性交痛を生じてしまうのです。

 

膣炎でなくても尿道炎になっていると性交痛を感じることがあります。

 

どちらにしても性器に感染している状態が性交痛を生じやすいので、性病の感染に心当たりのある方は性病のチェックが必要になります。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる

 

性交痛が出てしまう性病とは

性交痛が生じるのはどんな性病があるのでしょうか。

 

クラミジア

クラミジアはChlamydia trachomatisという細菌が原因で生じる性病です。性病の中では感染する方が一番多い性病です。

 

クラミジアに感染すると尿道炎や膣炎を生じることがあります。

 

尿道炎の症状としては陰部不快感や排尿時痛などがあり、膣炎を生じると性交時痛をきたすことがあります。

 

女性の場合、炎症が膣から登っていくと子宮炎や卵巣炎に至ることがあります。

 

さらにひどくなると腹膜に炎症が波及する可能性があり、腹膜炎や肝周囲炎になることもあります。

 

尿道炎の症状は自覚症状が乏しいため、感染していることに気づかないことがあります。

 

その場合パートナーに移してしまう可能性があるので、気をつけなければなりません。

 

クラミジアはセックスなどの粘膜接触を契機に感染します。

 

普通のセックス以外にもオーラルセックスやアナルセックスでも感染する可能性があるので注意が必要です。

 

淋病

淋病は淋菌を原因として発症する性感染症です。

 

男性に多く、性病での感染者数はクラミジアについで2番目の多さです。

 

淋病の症状はクラミジアと同じく、尿道炎や膣炎がほとんどです。

 

尿道炎が生じると排尿時痛や陰部不快感などを生じ、クラミジアに比べて症状が強いのが特徴です。

 

膣炎では性交時痛を生じるので、クラミジアとの鑑別が非常に難しいです。

 

淋病は粘膜接触を原因とするので、コンドームをつけていないセックスは感染のリスクが高いです。

 

コンドームを着用したセックスをするように心がけましょう。

 

トリコモナス

トリコモナスは膣トリコモナスという原虫を原因に発症します。

 

膣トリコモナスのほとんどは女性に感染しますが、稀に男性でも感染します。

 

トリコモナスも膣に炎症を起こすので性交時痛をきたします。

 

それ以外にも悪臭のおりものがたくさん出てくるようになるのも、トリコモナスの特徴的な症状です。

 

トリコモナスは生存力が非常に強いので、粘膜以外からの感染を生じることもあります。

 

例としては温泉やトイレなど性交渉以外の場でも感染する可能性があるので、セックスをしていないからといって性病に感染しないわけではありません。

 

カンジダ

カンジダはカンジダ菌というカビの仲間が原因で発症します。

 

粘膜部に存在しやすいので、膣や口腔内で繁殖しやすい性質を持っています。

 

カンジダが膣に感染するとカンジダ膣炎になります。

 

膣に炎症を生じているので、性交時痛がみられます。

 

痛み以外にも痒みを感じやすいので、自覚症状は比較的強いです。

 

それ以外にはヨーグルト状、又は酒かす状のおりものが出てくるのがカンジダ膣炎の特徴です。

 

カンジダは性感染症の一種ですが、生まれてくるときに母親から感染する人も多く、誰にでも起こりうる疾患です。

 

免疫力が落ちているときにカンジダ膣炎の症状が出やすくなるので、免疫を上げる工夫が必要です。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる

 

どちらかわからない場合は、性病検査を受けましょう

女性が濡れない原因は大きく分けると@精神的なものA性病が原因の性交痛の2種類です。

 

精神的なものが原因の場合、そこまで心配する必要はありません。

 

精神的な負荷がなくなれば改善する可能性が高いので、リラックスを第一にセックスに慣れていくのがいいでしょう。

 

問題は性病に感染している場合です。

 

性病に感染している場合、高確率でパートナーにも感染しているため、パートナーと一緒に性病の治療をしなければいけません。

 

性病が原因で性交時痛を生じている際には、感染が上行する可能性もあります。

 

女性は膣から炎症が登っていくと腹腔につながっているので、お腹に炎症が広がる可能性があります。

 

ひどい時には開腹手術をしなければならない状態にまで及ぶ場合もあるので、性病が原因で性交時痛をきたしているならば、きちんと治療をしなければなりません。

 

性病に感染しているならば、性病検査を受ける必要があります。

 

検査で性病が判明すれば薬による治療で良くなる場合がほとんどです。

 

炎症が酷くなる前に検査を受けましょう。

 

病院で検査を受けるのが恥ずかしい方は性病検査キットがオススメです。

 

自宅で検査ができるので、早く、簡単に性病のチェックを行うことができます。

 

病院に行く必要がないので、周りの人にバレる心配もありません。

 

まとめ

女性が濡れない理由は様々です。

 

もちろん濡れた方が入れやすくなりますが、ローションなどで補えますから、濡れないことで自分を責める必要は全くありません。

 

ただし性病が原因で濡れない場合は、早めに治療を行いましょう。

 

自分を守る意味でも、パートナーに移さないためにも、性病は治療しなければいけません。

 

性病の検査は病院でしかできないわけではありません。

 

今は性病の検査キットがネットで購入することができますので、周囲に知られることなく検査が可能です。

 

もし性病検査で陰性だった場合は、精神的な問題の可能性が高いです。

 

その時はリラックスできる環境作りを行ってください。

 

濡れなくなった原因を調べるためにも、性病の心当たりのある方は検査を行いましょう。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる