性病検査キットはドラッグストア・薬局で買えるのか?

日本ではドラッグストア・薬局では買えません

 

性病検査キットは、病院に行かなくとも自宅などで検査の結果がわかるようになっている便利なものです。

 

インターネットの通信販売などで入手することができますが、薬局には売られていません

 

これは当分は変わることはありませんので、薬局を探しまわるといったことをしても無意味になってしまいます。

 

最短で結果が分かる性病検査キットがほしいという方は、GME医学検査研究所を是非お試しください。

 

検査結果の確認が最短翌日に出来ますし、一度で12種類の性病を検査することが出来ます。

 

>>最短翌日に結果が分かる、GME医学検査研究所のホームページを見てみる

 

性病検査キットが薬局で買えるのはアメリカだけ

 

日本と違い、アメリカでは性病検査キットが薬局で売られています。

 

これはFDA(アメリカ合衆国食品医薬品局)からドラッグストアでの販売が許可されたからです。

 

これによって、アメリカでは通販ではなく薬局やドラッグストアで購入できるようになりました。

 

しかし日本では薬局で販売する許可が降りていませんので、まだ薬局などで購入することは出来ません。

 

ちなみにこのアメリカで販売されている性病検査キットは郵送のものではなく、その場で結果がわかるタイプのものです。

 

自宅検査と郵送検査はどちらがいいの?

アメリカで販売されている「その場で結果がわかるキット」が販売されれば、検査結果が分かる時間が大幅に短縮されます!

 

しかし自宅検査と郵送検査にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

郵送検査のメリット

郵送検査のメリットは、検査項目の種類の多さと結果の信憑性の高さです。

 

アメリカで売っている自宅検査タイプのものは、HIVの感染有無しかチェックできません。

 

しかし日本の性病検査キットでは9種類から12種類の性病のチェックを1回の検査で行うことが出来ます。

 

さらには、郵送したものを市区町村が認めているレベルの検査機関で調べてもらえるので、自分で検査してチェックしてというものとは精度が段違いです。

 

よって僕は郵送検査でなるべく一度に大量に調べてもらうほうが良いと思います。

 

郵送検査のデメリット

郵送検査のデメリットは、なんといっても時間でしょう。

 

通販サイトで購入した後に郵送してもらい、自宅で検査をしてから再度郵送する。

 

そこから再度郵送して検査してもらうので、購入から最低でも4日から5日はかかってしまいます。

 

その点自宅検査のタイプは購入してその場で結果がわかりますので、スピードはかなり早いです。(残念ながら、日本では自宅検査タイプのキットは売られておりませんが・・・

 

なお「結果がわかるまでの期間が気になる」という方のために、最短で結果がわかるキットを紹介しています。

 

興味のある方は下のリンクから見てみてください!

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる