トリコモナス感染症の症状・原因・予防方法とは?

トリコモナス感染症とは?

トリコモナスというのは小さな生物の名前です。

 

これが肉体に取り付くことによって起こるのがトリコモナス感染症です。

 

これは雑菌ではなく、小さな虫のようなものになります。

 

その虫が粘膜を這いまわるので、そこで痒みが生ずるということになるのです。

 

考えただけでも痒みが出てくるような話です。

 

トリコモナスは女性の膣の中に存在します。

 

このトリコモナスが場合によって、尿道炎や、異臭のあるオリモノなどの症状を引き起こします。

 

症状がない場合でも、体が弱っている時などに痒みなどの症状が出てくることもあります。

 

男性への感染経路は、女性の膣を通して感染します。

 

コンドームを着用せずナマでセックスをした場合に感染のリスクが高まるということになります。

 

しかし男性の場合は感染しても症状がまったくでないことも珍しくありません。

 

場合によっては感染をしても、おしっこで洗い流してしまうこともあります。

 

これは男性と女性の身体的な特徴の違いによって引き起こされるものです。

 

女性は膀胱炎を抱えている人もいるのではないでしょうか。

 

これは尿道から入った雑菌が膀胱へ達することで起こるものです。

 

しかし男性は尿道から膀胱までの長さがあるので、膀胱炎になる前に尿道炎で済んでしまう場合があるのです。

 

トリコモナス感染症の予防にはコンドームの着用が第一です。

 

トリコモナス感染症にかかったままだと、HIVなどの性病の感染リスクも上がっていきますので、セーフティーなセックスを心がけたいものです。

 

さらに膣内にトリコモナスを持っていると、妊娠や出産に際してリスクが生ずることも指摘されていますので、自らの健康と将来のためには早期発見と治療が大切であると言えます。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる