子宮頸がん検査の症状・原因と検査費用とは?

子宮頸がん検査の内容と検査キットでチェックできること

近年、若い女性を中心に罹患率が高まっている子宮頸がん。

 

初期症状がないからこそ、定期的に検査をしておくべき病気です。

 

子宮頸がんを病院で検査する場合は、子宮の入り口である頸部を視診したり、綿棒を使って子宮頸部の細胞を摂取する細胞診などがあります。

 

月経以外の不正出血が続いたり、月経時の血液の量が異常に多いなどのトラブルがある場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

また特別な症状がない方も、2年に1度は検査をして早期発見に努めることをオススメします。

 

そこで便利なのが、子宮頸がん検査キットです。

 

インターネットにて検査キットを購入し、説明書を読みながら検体を採取します。

 

検体と一緒に申込書を同封し、返信用封筒に入れて検査機関に送るだけで、自宅での検査は終了です。

 

>>GME医学検査研究所子宮頸がん+HPV検査セットを見てみる

 

後は1週間〜10日程度で結果が出ますので、郵便、携帯電話、パソコンのいずれかの方法の中から、お好きな方法を選んで結果を確認するだけです。

 

もしも検査キットの結果が陽性だった場合はすぐに医療機関に出向き、婦人科医の診察を受けるようにして下さいね。

 

自宅で簡単に出来る子宮頸がん検査キットは、6500〜7500円ほどで販売していますので、仕事や子育てが忙しくなかなか病院に行く暇がない方にとてもオススメです。ぜひ、お試しください。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる