尖圭コンジローマが疑われる症状・原因と検査費用とは?

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスが原因で発症する性感染症です。 若年女性におけるヒトパピローマウイルスの感染率は数十%とされており、自分でも気付かないうちに感染している例も多いです。 尖圭コンジローマの症状はカリフラワー状のイボができるだけの例が多いですが、放置するとイボが感染源になる可能性もあります。 自然消退する例も多いため自覚症状に乏しく再発する可能性があるので、治療を受けるのが良いでしょう。 尖圭コンジローマを治療するためには、病院で検査を受ける必要があります。 ここでは尖圭コンジローマの症状や検査にかかる費用などについてご紹介いたします。 性器のあたりに気になるイボがある方は、一度病院を受診して検査をしてみましょう。

>>全国31箇所にある東京ノーストクリニックの性病科をチェックしてみる

.尖圭コンジローマの初期症状とは

尖圭コンジローマは性交後3週間?8ヶ月の間に発症することが多いです。 平均して約3ヶ月で発症します。 尖圭コンジローマを発症すると、男性では陰茎、陰嚢、包皮などなどの場所に先の尖ったイボ状のものが出てきます。 女性の場合は大陰唇や小陰唇、膣などの場所に好発します。また男女ともに肛門の周囲にもできやすいとされています。 尖圭コンジローマのイボですが、見た目がかなり特徴的です。 白色やピンク色のイボが隆起状に発生するため、尖圭コンジローマが発症していることに気づきやすいです。 尖圭コンジローマ特有なイボの外観から「カリフラワー状のイボ」と表現されることがあります。 またこのイボを触っても、基本的に痛みはありません。 炎症などによって生じるイボは痛みを伴うことが多いですが、尖圭コンジローマによるイボは痛みがないことが特徴的です。 イボ以外に自覚症状がほとんどないことが尖圭コンジローマの特徴ですので、イボに気づかない場合は感染していることに気づかないことがあります。

尖圭コンジローマをほっておいたらどうなる?

尖圭コンジローマを放置しても、重篤な問題にはなりにくいです。 尖圭コンジローマは自然に消えることがあるので、感染に気付かないうちにいつの間にかイボが消えていたということが多いです。 ただし尖圭コンジローマによるイボに摩擦などを生じる際には注意が必要です。 イボがズボンなどに擦れると出血をすることがあります。 その傷口から他の菌に感染することがあり、異臭を放ったり、イボが壊死してしまったりする例が多いです。 またズボンなどでイボが擦れることで、イボが取れそうになって痛みを感じることがあります。 また尖圭コンジローマは何もせずともイボが消えやすいので、見た目では治ったように感じます。 その場合尖圭コンジローマは体内から消えたわけではないため、再発する例があります。

>>全国31箇所にある東京ノーストクリニックの性病科をチェックしてみる

尖圭コンジローマに感染する原因はなに?

尖圭コンジローマに感染する原因は以下のものが考えられています。

性交渉

尖圭コンジローマが感染する多くの場合、性交渉が原因です。 ヒトパピローマウイルスは性器に繁殖していることが多いため、感染者との性交渉によって感染します。 性交渉によって感染するため、感染者の多くは20代?30代に多いです。 近年では性交渉の低年齢化によって、10代でも尖圭コンジローマを発症する例が増えてきています。 同性間での性交渉でも尖圭コンジローマは感染します。 男性同士の性交渉では尖圭コンジローマが肛門内にできやすいとされています。 尖圭コンジローマの原因であるヒトパピローマウイルスは、数多くの亜型が存在します。 その中でも尖圭コンジローマを発症するヒトパピローマウイルスは6型、11型などが多いとされています。 ヒトパピローマウイルスの16型や18型は子宮頸がんの発症リスクになるとされています。 ヒトパピローマウイルスに感染している場合、どの型なのかまで調べる必要があります。 尖圭コンジローマは自覚症状がほとんどないので、パートナーに感染している例が多いです。 その場合はパートナーも一緒に治療を行います。

母子感染

尖圭コンジローマにおける母子感染は1%以下とされています。 母子感染を生じた場合、幼児期に喉頭乳頭腫を生じます。

病院で調べる際の料金は?

尖圭コンジローマに感染しているかの検査は、病院ですることが可能です。 男性では泌尿器科、女性では泌尿器科や婦人科などで検査することができます。 尖圭コンジローマの検査はイボから組織をとってくるものや、イボの中にヒトパピローマウイルスが含まれているかチェックするものなどがあります。 尖圭コンジローマの症状がある場合、保険診療での検査が可能です。 その場合診察料や検査料を含めても5,000円以内に収まる場合が多いです。 症状がない場合は自費での診療になることがあります。 その場合検査料だけで5,000円近くかかることが多いので、診察料を含めると1万円を超えることがあります。

>>全国31箇所にある東京ノーストクリニックの性病科をチェックしてみる

まとめ

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる