性病検査で健康保険を適用させることは出来るのでしょうか?

性病は発症までのタイムラグがある病気です。

 

よって、行為を行ってすぐに発症する場合もあれば、数週間・1ヶ月ほどして発症するケースもあります。

 

では、そのような発症見込みの状態でも保険を適用させて検査をすることは出来るのでしょうか。

 

実は「自覚症状も何もないけど、心配だから調べて欲しい」という状態で病院に行っても、保険を適用してくれない場合がほとんどです。

 

ですので、自覚症状がないときにいくと自費で検査費を払う羽目になります。

 

そんなことにならないように、保険が適用される場合・されない場合を確認していきましょう。

 

なお、自覚症状がないけど安く検査を受けたいという方はGME医学検査研究所の検査キットを試してみてください。

 

最大12種類の性病を最短翌日までにチェックすることが出来ます。

 

>>GME医学検査研究所を詳しく見てみる

 

保険が適用される場合

性病検査で保険が適用される場合、これはズバリ自覚症状がある状態で病院にかかった時です。

 

この場合は検査及び治療となるので、治療に対して保険を適用させることが出来ます。

 

よって、自覚症状が出てきた場合は迷わずに病院に行くようにしましょう。

 

保険が適用されない場合

次に保険が適用にならない場合です。

 

これは先にも書いたように「自覚症状がないけど調べて欲しい」「ブライダルチェックのために、証明書がほしい」といったニーズで来院される場合です。

 

この場合は治療行為には当たらないため、健康診断扱いで対応されます。

 

結果自由診療の範囲が適用されるために保険が使えないということになります。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる


自覚症状がなくても病院に行くべき?

上で紹介したように自覚症状がない状態で病院に行くと、自由診療扱いになってしまい健康保険が適用できません。

 

なおかつ、こちらのページで紹介しているように、自由診療の場合の検査料金は1項目当たり8,000円ほどかかります。

 

それに対して、自宅で受けることが出来る検査キットであれば1項目当たり1,300円で検査することができます。

 

よって、

  • 即日で検査結果がわからないといけない。
  • 自宅で検査ができない理由がある

上記のような理由がない限りは検査キットを購入して検査されることをオススメいたします!

 

詳しいことはこちらに書いてますので、一度読んでみてください。

 

↓こちらをクリック!↓