ピンポン感染を防ぐためには、カップルで性病検査をしましょう

ピンポン感染という言葉をご存じでしょうか?

 

性病の感染方法の一種ですが、性病にかかる人の中にはピンポン感染をする人がいます。

 

ピンポン感染をすると性病がなかなか治らないので、慢性化することがあります。

 

性病を早めに治すためにも、ピンポン感染は避けるべきです。

 

ここではピンポン感染について紹介します。性病がなかなか治らない人は参考にしてください。

 

ピンポン感染とは

ピンポン感染とは性病の感染方法の一種です。

 

例えば男性が性病に感染すると、パートナーの女性と関係を持つことで移す可能性があります。

 

移された女性が発症する頃には男性の性病が治っていることもありますが、その時に関係を持つことで今度は女性から男性へ性病が感染します。

 

このように同じ男性と女性が交互に性病を移しあうことをピンポン感染といいます。

 

ピンポン感染はほとんどの性病で起きます。

 

性病の感染者で一番多いクラミジアは自覚症状が薄いので、感染に気付かないことがあります。

 

そのためパートナーに感染させる可能性が非常に高く、移されたパートナーも感染に気付かない、なんてこともあります。

 

ピンポン感染のデメリット

お互いに性病を移しあうピンポン感染は体にいいものではありません。

 

性病が感染すると尿道炎や精巣炎などの症状をきたします。

 

これらの炎症では精液に白血球が混じることがあり、不妊の原因になります。

 

ピンポン感染は性病が治らないので、不妊で悩むリスクが高くなるのです。

 

女性の場合、性病が慢性化するのは危険です。

 

女性が性病に感染すると尿道炎などの症状を呈しますが、感染が上行して膣や卵巣に炎症が及ぶことがあります。

 

膣は受精卵のベッドでもあるので、感染により炎症が生じている場合不妊になることがあります。

 

女性は卵管と卵巣の間に隙間があるので、性病の菌が上行すると腹腔内にまで及ぶ可能性があります。

 

腹膜まで及ぶと腹膜炎を生じたり、肝臓に到達すると肝周囲炎になったりと、危険な病気になる可能性もあります。

 

ですからピンポン感染による性病の慢性化は避けなければなりません。

 

ピンポン感染を防ぐための方法とは

ピンポン感染は性病が体から消えてくれないので、慢性化しやすいです。

 

そうならないように、ピンポン感染を防ぐための方法を紹介します。

 

粘膜接触を避ける

多くの性病は粘膜接触を契機に発症します。

 

コンドームをつけないセックスでは、かなりの確率でパートナーから性病を貰います。

 

そのため粘膜接触を避けると相手からの感染を防げるので、ピンポン感染が起こりづらくなります。

 

具体的にはコンドームの着用です。

 

コンドームは避妊効果以外にも性病の予防効果があるので、ピンポン感染を防ぐことが期待できます。

 

性病はオーラルセックスでも移る可能性があります。

 

オーラルセックス時にもコンドームをつけた方がいいのですが、ゴムの匂いが苦手な人もいるでしょう。

 

その場合はデンタルダムというオーラルセックス専用のゴムがありますので、コンドームをつけたフェラチオができない際は購入してみてください。

 

性病の治療が終わるまでセックスをしない

性病に感染していると気付いた場合には、性病の治療が終わるまでセックスを我慢することでピンポン感染を防げます。

 

ピンポン感染が疑われる場合は、パートナーも一緒に治療する例が多いです。

 

そうしないと、薬を飲んで性病が治っても、ピンポン感染でまた治療が必要になることがあるからです。

 

性病は抗生物質の服用で治るものが殆どです。

 

1?2週間飲めば良くなることが多いので、検査で性病の菌がいなくなったことを確認してセックスしてください。

 

特に女性が性病に感染すると、膣に炎症が及んで膣炎をきたすことがあります。

 

膣炎がある場合にセックスをすると痛みを生じやすいので、女性に痛い思いをさせたくない人は、性病が治るまでセックスを我慢してください。

 

カップルペア割を使ってお得に検査しましょう

性病は検査をすることで感染を判断できます。

 

そのため泌尿器科で検査をして、治療を行うことが多いです。

 

しかし性病の検査のために病院に行くのは手間ですし、泌尿器科を受診するのに抵抗がある人も多いでしょう。

 

ですが検査をしなければ治療をすることができません。

 

オススメは自宅で検査をすることです。

 

今は自宅でできる性病検査キットが販売されていますので、検査のために病院に行く必要がありません。

 

自宅での検査なのですぐ出来るのも魅力です。

 

ネットで販売されている性病検査キットの中には、「カップルペア割」を導入しているものがあります。

 

単品で買うよりも安く購入できるので、ピンポン感染が疑われる場合にはオススメの性病検査キットです。

 

まとめ

性病はセックスで感染するので、パートナーとピンポン感染する可能性が高いです。

 

性病が慢性化すると体に良くないので、感染を防がなければいけません。

 

性病に感染していると思う場合には検査を受ける必要があります。

 

パートナーにも感染していると思う際にはパートナーにも検査が必要です。

 

性病検査キットのカップルペア割を使えば、検査キットを安く購入できます。パートナーを守るためにも、ぜひ検査キットで調べてあげましょう。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる