喉に感染する性病と、それを調べる検査キットを買うには

喉に感染する性病と、それを調べる検査キット

性病と聞くと、男性器や陰部のみに感染するようなイメージを持たれる方が多いと思います。

 

しかし、実は陰部以外にも喉に感染する性病があるのをご存知ですか?

 

この記事では、喉に感染する性病と、それを検査できるキットを紹介させてもらいます。

 

なお、今すぐ検査キットが買いたい!という方はこちらから商品ページを御覧ください。

 

 

喉に感染する性病は3種類

まず喉に感染する性病ですが、現在確認されているのは以下の3種類です。

  • クラミジア
  • 淋病
  • カンジダ

 

これらの性病はもちろん陰部にも感染するのですが、オーラルセックスやディープキスなどを通して喉にも感染してしまいます。

 

加えて厄介なのが、風邪の症状と似ていたり自覚症状が出ないことが往々にしてあることです。

 

これらによって、性病にかかっているという自覚が生まれず、周りに感染を拡大してしまっているひとが多いです。

 

よって、下記のような症状が出ている場合は一度検査をしてみることをオススメいたします。

 

クラミジア

喉の奥に腫れや痛みが出ている。
もしくは風邪にかかったように熱っぽい状態が続いている。

 

淋病

自覚症状が出ないことが多いが、喉の奥に腫れや痛みが出る場合もある。

 

カンジダ

口の中全域で炎症や口内炎が多く発生する

 

もし少しでも上記のような症状に心当たりがあれば、自宅で出来る検査キットですぐに検査することをオススメします。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる


のどの検査キットは痛いですか?

性病検査キットと聞くと、血を採って検査しないといけないというイメージを持っていらっしゃる方もいると思います。

 

ですが、今回紹介させていただく「のどの検査キット」に関しましては、血を採るということは一切無いです。

 

なので、安心してください。

 

のどの性病検査のやり方

のどの性病検査のやり方は「綿棒で行うもの」と「うがい液で行うもの」の2種類があります。

 

綿棒で行うもの

綿棒(スワブと呼ぶそうです)を使う場合は、口と喉の境目のあたりにまず当てます。

 

そこの粘膜を取って、検査機関に送れば終了です。

 

以上のことをして、検査機関に送るだけで1日〜3日で結果を知ることができます。

 

うがい液で行うもの

 

うがい液で行うものは簡単です。付属のコップに水を入れ、うがいをしたものをスポイトで吸い上げるだけです。

 

注意点としては、しっかりと喉のうがいが出来るように顔を上に向けてガラガラとうがいを行うことです。

 

綿棒で患部を拭うのに比べて、格段に楽に出来ます。

 

この「綿棒で行うもの」か「うがい液で行うもの」かは検査キットによって変わってきます。
購入される際にはどちらが使われているか気をつけて購入するようにしましょう。

 

なお、上記を加味しておすすめの検査キットはGME医学検査研究所の検査キットです。

 

GME医学検査研究所がおすすめな理由

GME医学検査研究所がおすすめの理由は以下の2つです。

 

  • のどの性病検査を「うがい液」で行うことが出来る
  • 検査結果を最短翌日にネット上で確認することが出来る

 

ここは高崎市が検査をしている施設を使って性病の検査をしてもらえるので、病院と同じ品質の検査を受けることができます。

 

なので、急いでいるのであればGME医学検査研究所で検査をしてもらうようにしましょう!