クンニリングスで感染してしまう性病を知っておきましょう

セックスの際にする方の多いプレイの一つにクンニリングスがあります。

 

女性の性器を舐めるプレイは好きな方もいらっしゃるでしょう。

 

しかしクンニリングスをすると性病に感染するリスクが高くなります。

 

多くの性病は性器に存在していることが多いので、舐めると口や喉に感染する可能性があるのです。

 

クンニリングスによる感染を防ぐためには専用の対策が必要になります。

 

クンニリングスを心置きなくできるように、クンニリングスで感染する性病と、感染を防ぐための対策法を知っておきましょう。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる

 

クンニリングスで感染してしまう性病とは

クンニリングスとは女性器を舐めることを指します。

 

性器と口が粘膜接触をするため、性病の感染リスクとなります。

 

クンニリングスで感染してしまう性病は以下のものがあります。

 

咽頭クラミジア

咽頭クラミジアは性病の一つであるクラミジアが喉に感染した際に生じます。

 

クラミジアはChlamydia trachomatisという細菌が原因で発症します。

 

性病の中では発症する方が一番多い感染症とされています。

 

クラミジアは性器に発症しやすい性病です。

 

クラミジアに感染すると尿道炎となり、排尿時痛や陰部の不快感などの症状をきたします。

 

クラミジアに感染した性器を舐めることで咽頭クラミジアを発症する可能性があります。

 

男性ではクンニリングス、女性ではフェラチオで感染することが多いです。

 

性器を舐めなくても、オーラルセックスをした方とキスをすることで感染することもあります。

 

咽頭クラミジアになると喉の腫れや痛み、発熱などの症状が見られます。

 

性器にできたクラミジアは症状が軽いことが多いですが、咽頭クラミジアになると症状に気づきやすくなります。

 

治療は通常のクラミジアの治療と変わりません。抗生物質を服用して体からクラミジアがいなくなるまで飲み続けます。

 

ただし咽頭クラミジアになると治療抵抗性を示す例があるため、忘れずに抗生物質を飲み続けることが大切です。

 

咽頭淋病

咽頭淋病は淋病が喉に感染した際に起きる病気です。

 

淋病は淋菌という細菌を原因として発症します。

 

淋病はクラミジアの次に多い性感染症であり、男性に多いのが特徴です。

 

淋病の症状は排尿時痛や陰部不快感です。

 

クラミジアと症状が似ているため比較されることが多いですが、淋病は症状が強い例が多いので感染に気づきやすいです。

 

ただし女性は症状が軽いことが多く、しばしば感染に気付かないこともあります。

 

淋病が喉に感染するのは、クンニリングスやフェラチオなどのオーラルセックスが原因となります。

 

咽頭淋病の症状としては喉の痛みや喉の腫れ、発熱などがあります。

 

咽頭淋病は比較的女性に多い病気とされているのでオーラルセックスを行う際は注意してください。

 

咽頭淋病の治療も普通の淋病と変わりません。

 

抗生物質を服用すれば喉の淋菌を殺すことができます。

 

ただし咽頭淋病になると治療抵抗性を発揮することがあるので、治療が終わるまできちんと抗生物質を飲み続けましょう。

 

ヘルペス

クンニリングスによってヘルペスに感染する可能性もあります。

 

ヘルペスには幾つか種類があり、もともと口に発生しやすい口唇ヘルペスと、性器に発生しやすい性器ヘルペスの2つが主な原因となります。

 

特にクンニリングスが原因で発症しやすいのは性器ヘルペスです。

 

ヘルペスが性器にできると会陰に潰瘍を形成する例が多いです。

 

痛みを伴うことも多く、発赤や腫脹もあります。

 

口唇ヘルペスや性器ヘルペスが口に感染した場合は口や唇に潰瘍を形成します。

 

痛みを伴うことが多いので、ニキビのように見えることもあります。

 

ヘルペスの治療はアシクロビルなど抗ウイルス薬の内服です。

 

ヘルペスは症状が落ち着いても免疫力が低下すると再発する可能性があるので、免疫を低下させない生活を心がけましょう。

 

梅毒

梅毒は梅毒トレポネーマという菌によって起きる性感染症です。現在も感染者が増加中の病気になります。

 

参考:【2016年要注意!】半年で梅毒患者数が2,000人を突破。

 

梅毒は普通の性交渉で感染する例がほとんどですが、感染している方にクンニリングスをして生じることもあります。

 

梅毒に感染すると、梅毒トレポネーマが全身に広がって様々な症状をきたします。

 

初期症状ではイボや発熱などを生じ、後期では神経や心臓に広がって命を落とす危険もある病気です。

 

しかし現在では初期症状で気づかれることがほとんどですから、梅毒で命を落とす人はほぼいません。

 

梅毒の治療は抗生物質の内服です。

 

ペニシリンなどを内服すれば治癒する例がほとんどです。

 

クンニリングスで疑わしい症状が出た際は、喉も検査しましょう

クンニリングスが疑われる場合には、喉の性病検査も必要です。

 

喉に性病が感染しても性器に感染していなければ、性器をいくら調べても検査が陽性になりません。

 

喉に性病が感染する確率は決して少なくありません。

 

クンニリングスによって口腔内に菌が侵入すれば、そのまま喉に感染する可能性があります。

 

治療をしないまま放置すると、オーラルセックスなどで他の人に移してしまう危険もあります。

 

周囲に感染を広げないためにも、治療をするのが大切です。

 

ですからクンニリングスをした後に喉の痛みや発熱などの症状が出てきた際には、喉の性病検査も受けるようにしましょう。

 

喉の性病検査を行うならば、性病検査キットを使うのがいいでしょう。

 

性病検査のために病院に行くのも面倒ですし、恥ずかしいと思う人もいるはずです。

 

性病検査キットを使えば自宅で検体を取るので、簡単に、早く検査を行うことが可能です。

 

クンニリングスによる性病感染を防ぐには

クンニリングスをすると性病になる可能性があることは分かって頂けたと思います。

 

ではクンニリングスをしても大丈夫な方法はないのでしょうか?

 

通常のセックスではコンドームを着用すると性病のリスクを減らせますが、オーラルセックスではどのような方法があるのでしょうか。

 

デンタルダムとは

クンニリングスをしても性病のリスクを減らすためには、デンタルダムの着用がオススメです。

 

デンタルダムとは女性側の性器にラップのようなものを貼る方法です。

 

男性はデンタルダム越しにクンニリングスを行うので、口と性器が直接触れ合うことはありません。

 

性病感染の多くは粘膜接触を契機とするので、デンタルダムをつけることでクンニリングスによる感染リスクをグッと減らすことができます。

 

デンタルダムはドラッグストアなどで販売されていることがほとんどありません。

 

デンタルダムを購入する場合は、通販で注文するのが簡単で、安く買えるのでオススメです。

 

風俗を避ける

性病の感染を避けるためには風俗に行かないというのが大切です。

 

不特定多数の方と関係を持っている例がほとんどですので、性病に感染するリスクは高くなります。

 

風俗でクンニリングスを行う場合、デンタルダムを常備しているお店は少ないでしょう。

 

そのためクンニリングスから性病が喉に感染する例が少なくありません。

 

不特定多数と性交渉を持つのは性病の感染しやすくなる原因です。

 

性病にかかりたくないならば、夜のお店は控えるようにしましょう。

 

まとめ

セックスの経験があるならば、クンニリングスをしたことがあると思います。

 

クンニリングスの行為自体はそこまで問題ではありません。

 

ただしクンニリングスをする場合は、喉にも性病が感染することを知っておくことが必要です。

 

性病は性器にしか感染しないと思っていると、感染しても気づかない可能性があります。

 

喉に感染した場合も、性病の検査をする必要があります。

 

性病検査キットを使えば自宅で検査することができます。

 

クンニリングスをした後に喉の調子が悪い人は、一度性病の検査をしてみましょう。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる