キスやオーラルセックスだけで感染してしまう性病の種類とは

性病というと、性行為で感染する病気というイメージが強いと思います。

 

ですが、実はキスやオーラルセックスで感染してしまう性病も多数確認されているのです。

 

そこで今回は、性行為以外で感染してしまう原因と性病をまとめて紹介させていただきます。

 

キスやオーラルセックスで感染してしまう性病とは

性病がキスやオーラルセックスで感染してしまう理由は、性病の病原菌が口や喉にいることが原因です。

 

ではなぜ口や喉に感染するかというと、以前に性病に感染している人の性器をフェラチオやクンニリングスしたことが原因です。

 

フェラチオやクンニリングスすることで、性器から病原菌が喉に感染。 その喉に感染した病原菌がキスで人へ移ってしまうということです。

 

特に感染力が高いのは、あとでも紹介させていただく「ヘルペス」です。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる

 

キスやオーラルセックスで感染してしまう性病とは

では、実際にどのような病気がキスで感染するかをピックアップしていきます。

 

性器ヘルペス、口唇ヘルペス

まずは先程も紹介させていただきましたヘルペスです。

 

この病気に感染すると、幹部に水ぶくれが出来ます。

 

とても感染力の強いウイルスですので、皮膚と皮膚の接触だけでも感染してしまいます。

 

なので、家族間での感染も多数確認されている病気です。

 

もしヘルペスに感染している人がいれば、接触を避けるようにしましょう。

 

B型肝炎

体液や血液から感染するのがB型肝炎です。

 

この病原体も感染力が強く、歯ブラシの使いまわしやカミソリの使いまわしなどで感染します。

 

よって、口の中に傷がある場合は相手の体液や血液に触れないように気をつけましょう。

 

咽頭クラミジア

性病の中でも一番ポピュラーなクラミジア。

 

そんなクラミジアも、喉に感染する性病の一つです。

 

なおクラミジアは感染しても自覚症状が出にくいため、気づかないままに相手に感染させていることも多々あります。

 

クラミジアの場合は、相手の喉→性器・相手の性器→喉の両方のパターンが考えられます。

 

咽頭淋病

喉に淋病が感染すると、わずかな痛みや発熱がありますが症状はほとんど出ません。

 

よって「風邪を引いたかな」という様に感じることはあっても、まさか淋病だとは思いもしないでしょう。

 

淋病は検査以外で発覚しないので、早めに性病検査を行うようにしましょう。

 

マイコプラズマ感染症・ウレアプラズマ感染症

淋病やクラミジアに症状が似ているのが、この2つの病気です。

 

淋病やクラミジアの検査を受けたけど、陰性だったという人はこの病気の可能性が高いといえます。

 

まだまだ知名度は低いですが、感染する人が増えているので注意が必要です。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる

 

まとめ

以上、キスで性病に感染してしまう理由と、具体的な病気名をまとめました。

 

いくらコンドームをつけて性行為をしたとしても、喉に感染してしまっていては気づいたら相手に感染させてしまっているということもありえます。

 

そんなことにならないように、少しでも疑わしいことがあれば性病検査を受け、不安を0にしておくようにしましょう。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる