男の性病検査の必要性と注意事項とは?

男の性病検査の必要性と注意事項とは?

性病検査というのはどういったもので行われるのか気になる男性は多いのではないでしょうか。

 

多くの人が不安に感じているのは、痛みをはじめとする苦痛に関するものではないでしょうか。

 

尿道の中に金属の器具を深く突っ込まれて引っ掻き回されるのではないか。あるいは下半身をむき出しにして、ナースが見守る中で検査をされるのではないか。

 

そういった不安が性病検査をするために病院から足を遠ざけているのではないかと思います。

 

しかし現在ではそういった検査を行う病院はまずないと言っていいでしょう。男性の皆さんご安心を。

 

現在は男性の検査の精度が上がっているので性病の検査は尿検査で行われています。

 

尿の中に出てきた性病の細菌を見つけ出すのです。

 

これならば、注射で血液を取られるといった痛い行為もありません。

 

その場で結果がわかることはありませんが、一週間程度で結果を知ることができます。

 

一つ注意しなければならないのは排尿行為は、性病の細菌を洗い流す効果もあるので、頻繁におしっこをしていると細菌が検出されないこともあります。

 

なので、2時間以上排尿を我慢して病院へ行くことが重要です。

 

そうでなければ、症状が出ているのに原因菌がなかなか検出されないということもあるのです。

 

現在、性病の細菌というのは薬に対して耐性がついたものが次々に現れています。

 

それなので同じ薬を飲み続けるのではなく、一定期間飲んで効果がなければ他の薬に変えていくといった治療法が効果的なものであると言われています。

 

そういった戦略を練るためにも原因菌の特定は重要な要素なのです。

 

尿検査だけではなく、HIVの検査など場合によっては血液検査を行うこともあります。

 

さらに、尿道から黄色い膿が出ているなど明らかに淋病とわかる症状の場合は、その場で病名が判明することもあります。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる


男の性病検査は必要?

男の性病検査というのはあなどれません。

 

通常女性に比べて男の方が性病の症状がでにくいと言われています。

 

例えば女性を悩ませるポピュラーな症状である膀胱炎は、男性では発症することがあまりありません。

 

それは尿道の長さの違いによってもたらされます。膀胱炎の悩みというものは深刻です。

 

女性は尿道から膀胱までの距離が近いため、雑菌が入るとすぐに膀胱炎を発症します。

 

しかし男性は尿道から膀胱までの距離が長いため、細菌に感染しても、尿道の中でとどまっているため尿道炎で済む場合がよくあるのです。

 

膀胱というのは尿道に比べて大きな組織であるので、その中に雑菌が蔓延してしまうと、菌への攻撃が弱くなってしまいます。

 

尿道炎より膀胱炎の方が深刻です。

 

常に尿意があるものの、実際にトイレに立ってみたら何もでないといった症状が続きます。

 

これだと、乗り物にも乗れませんし、何かに集中するということはできません。

 

女性はそういった症状が出ることが多いのですが、男性の場合は中には全く症状が出ない場合もあります。

 

そういった無自覚な男性が、知らぬうちに性病に感染し、性病検査を行わないまま女性とセックスを行うことにより感染させてしまうという例もあるのです。

 

性病の感染リスクは、女性から男性よりも、男性から女性の方が高いと言われています。

 

性病を持った男性とオーラルセックスをすることにより、女性に感染する例があとを立ちません。

 

さらに風俗店などの場合は、喉に感染した女性を介して、さらに次の男性客に感染をするといった連鎖反応のようなものも発生しています。

 

ここは責任を持つという意味でも、疑わしい場合はきちっと男性が性病検査を受ける必要はあるのではないでしょうか。

 

>>最短で検査結果が分かる検査キットを知りたい方はこちら

男の性病検査の必要性と注意事項とは?

単身赴任で東京に来ています。毎日の仕事は忙しく中々平日は仕事以外の時間を取ることは出来ない生活をしていました。そんな中で...