「痛くない性病(HIV)検査キットは本当に痛くない!?

「痛くない性病(HIV)検査キットは本当に痛くない!?

性病検査をしたことがない人にとっては性病検査キットというのは痛みを伴うのではないかと不安になる人も多いのではないでしょうか。

 

血を大量に取られるのではないか。
粘膜をグリグリと荒らされるのではないか。

 

そんな不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

ですが、さくら検査研究所が出している「痛くないHIV検査キット」であれば、通常の性病検査キットと比べても痛みを抑えた検査を行うことが出来ます。

 

どのような検査キットか気になる方はここから見てみてください。

 

詳しく知りたいという方は、以下にまとめてますのでご覧ください。

 

保健所・病院では注射で血を抜かれます

性病検査の方法はいくつかありまして、
  • 保健所で調べて貰う方法
  • 病院の産婦人科や泌尿器科で調べて貰う方法
  • 性病検査キットで調べる方法

があります。

 

それぞれメリット・デメリットはあるのですが、血液検査や献血などで自分の血を見るのが嫌だ・注射が苦手だという人は、保健所や病院での検査はオススメできません。

 

なぜならば、この二箇所に関しては注射器で血を抜かれた上で検査が行われるからです。

 

では、性病検査キットはどのように検体をとるのでしょうか。

 

性病検査キットでは「ランセット」を使います

性病検査キットは自分で血液を採らないといけないのですが、医療の資格を持っていない人の注射は禁止されています。

 

よって、性病検査キットで血液を採る場合は「ランセット」と呼ばれる器具を使います。

 

ちょうどこの写真の一番手前に写っている紫色の器具がランセットと呼ばれるものです。

 

これは皮膚にほんの小さな穴を開けて微量の血液を採る器具です。

 

衛生的に使えるように1回針が出たらもう二度と出てこないという仕組みになっています。

 

なお、どれくらい痛いかというと裁縫用の針を誤って指に刺した時くらいの痛さでした。

 

なので、注射を刺されるのと比べたら雲泥の差があるのではと思います。

 

血を採らない検査方法もあります

ちなみに、全部の性病検査が血を採るわけではありません。

 

血を採らないで検査できるものもあります。

 

血を採って検査をする方法は以下の病気に関してです

  • HIV(エイズウイルス)
  • 梅毒
  • B型肝炎抗源
  • B型肝炎抗体
  • C型肝炎

 

これ以外の病気に関しては、血液以外のもので検査を行います。

 

例えば男性のクラミジアであれば尿を採って検査となりますし、女性のクラミジアや喉のクラミジア・淋病であれば綿棒を使用した検査です。

 

なので、あなたがどの病気にかかっている可能性を調べたいかによって、全く出血や痛みを伴わないで検査をするということも出来ます。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる