性病検査は保健所で調べられる?

性病検査は保健所で調べられる?

性病検査は病院へ行って行うか、キットを取り寄せて行うかといった方法がありますが無料で受けることもできます。

 

もっとも知られたものとしては保健所が行っているHIVの性検査ではないでしょうか。

 

これは、住んでいる自治体ではなくても、どこでも受けられます。

 

さらに匿名で受けることもできますのでプライバシーの問題も守られています。

 

検査には保健所で即日で結果がでるものと、後日結果が出るものがあります。

 

どちらにせよ、本人に直接通知がなされます。

 

検査をしてから結果が出るまではドキドキすることもあるかもしれませんが、不安な行為があったならば、そこからはっきりと結果を出すことが重要ではないでしょうか。

 

エイズというのはかつては不治の病というイメージが強いものでしたが、現在は治療薬が発達して発症を遅らせることができるようになっています。

 

エイズというのはHIVウイルスに感染したのちに、数年から数十年の潜伏期間を経て、体の抵抗力が弱ることによって起こる合併症の総称です。

 

体の抵抗力が弱っているため普段ならば、はねのけている細菌に感染しやすくなっていく。それは例えば風邪を引いても命に関わってしまうということになるのです。

 

さらに潜伏期間の間は無症状なことが多いというのも特徴です。

 

ネットではよくHIV感染の初期症状として急激な発熱が報告されていますが、これもすべての人に出るわけではないです。

 

むしろ情報を過剰に持っている人が、ただの風邪に過剰に反応するといったこともあるようです。

 

これが極まると自分は感染したかもしれないと思い込んでしまうノイローゼ状態に陥ります。

 

こういった状態は心にも体にも悪いので、保健所での無料の性病検査を受けてみるのが一番ではないでしょうか。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる