性器カンジダ症が疑われる症状・原因と検査費用とは?

カンジダ感染症の症状とは?

性器カンジダ症は、他の性病とは少し異なりまして元々人の体内にあるきんが原因とも言われている病気です。なので、彼氏などから移される可能性も0ではないですが、そうでない場合も多いことをまずは理解して起きましょう。

 

なお、この病気は特に女性が感染しやすい病気でして、外陰部がかゆくなったりヨーグルトのようなオリモノが増えたりします。(食べ物に例えてしまって申し訳ないのですが、ちょうどカッティングチーズのような真っ白なボロボロとしたオリモノがでます)

 

男性で症状が出やすい人は包茎の人です。その場合は助成と同じように、性器に痒みを感じたりします。

 

なお、感染したことでそれぞれ出る症状はこんな感じです。

 

◯ 女性

  • 外陰部の痒み
  • ヨーグルトのようなおりもの増加
  • 性器の炎症
  • 性交時の痛み
  • 排尿障害

 

◯ 男性

  • 鬼頭のかゆみやただれ・水泡
  • 尿道炎

 

カンジダ感染症が発生しやすい状態とは

先程も言ったように、カンジダ菌は元々人の体内にいることが多い菌です。よって、普段はその症状が出ていないだけなのですが、どのタイミングでその症状が出てしまうのでしょうか。

 

一般的によく言われているのは、やはり体力が落ちたタイミングで発症するのが多いと言われています。例えば風邪や疲労、ストレスなどによって免疫力が低下してしまうと普段おさえていたものが外に出てしまう形です。

 

それ以外ですと、糖尿病やステロイド剤の投与などが原因で症状が出てくることがあるとも言われています。

 

なお上にも上げたように、カンジダ症が発症している時は性交時に痛みがありますし、パートナーに感染させてしまうことも考えられますので、控えるようにしましょう。

 

なお、男性陣はたまたまエッチした相手が上の症状に該当するようなことを言っていたら、すぐに自分が感染していないかを検査するようにしましょう。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる


性器カンジダ症が疑われる症状・原因と検査費用とは?

妊娠中にカンジダにかかりました。おりものがでて陰部がかゆくて仕方がないという症状が出ました。産後、1年程度たってから同じ...

「何も変わったことはしていないのに、急にヨーグルト状のおりものがでてくるようになってしまった・・・」あなたは今このように...