女性の婦人科と泌尿器科での性病検査・対策の違い

婦人科で性病検査はできる?

性病というものは男性にも女性にも等しく感染するものでありますので、男性だけではなく女性にも性病検査は必須です。

 

特に、膣カンジダやトリコモナスといったSTDは男性よりも女性に症状が現れやすいので、調べてみることが必要ではないでしょうか。

 

女性というのは男性に比べて性器が、湿った部分が多いので、カビの一種であるカンジダや、虫の一種であるトリコモナスが潜伏しやすくなっています。

 

男性の場合は、アソコが痒くなるいんきんたむしなどの症状がありますが、それは乾燥していなく湿ったジュクジュクした環境が原因であると言われています。

 

それは男性よりも女性の局部の方がそういった特徴を併せ持つものになっています。

 

さらにHIV・エイズをはじめとする性病に感染するリスクというのは男性よりも女性の方が高いと言われています。

 

それは密着する粘膜の面積が男性器よりも女性器の方が広いため、その分感染のリスクが高まると言われています。

 

しかし性病検査といえば男性のものであり、女性が婦人科へ行き性病検査を行うというのはあまり聞かれません。

 

女性が特有の症状である膀胱炎なども、性病によって引き起こされる場合もあるのですが、婦人科の場合はそういった知識や情報をあまり持っていないというのもあります。

 

これは男性の治療にも言えることで、性病の症状が出たからといって、泌尿器科に駆け込んでも医師に性病治療の知識がない場合、すでに耐性菌が発生している抗生物質を処方して終わりということもよくあるものです。

 

本格的な治療を行っている性病科には、泌尿器科での治療効果が見られないとして再び駆け込んでくる人もいるようです。

 

それは婦人科においても同じような状況であると言われています。性病検査を受ける場合は情報収集が必須でしょう。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる


女性の婦人科と泌尿器科での性病検査・対策の違い

つい最近、彼氏と別れました。一時期はものすごく仲がよくって、毎週のように遊びに行ってその度毎晩ホテルで体を重ね合わせまし...