フォアダイスとは少し違う!カリ首周辺の「真珠様陰茎小丘疹」

このページでは、陰茎部分にブツブツが形成されるフォアダイスとは少し違う真珠様陰茎小丘疹についてご説明しています。

 

「手術を受けるべきなのか?」「どのくらいの費用が発生するのか?」という悩みを抱えている男性は参考にしてみてください。

 

 

真珠様陰茎小丘疹とは

真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)とは、亀頭のカリ首周辺に形成されるブツブツのことを指します。

 

男性の性に関する悩みの一つで、見た目が汚かったり性病と間違われたりするのでコンプレックスを抱いている方は少なくありません。

 

  • カリ首を取り囲むように細かいブツブツが並ぶ
  • カリの部分全体がブツブツの状態になっている
  • 大きさの揃っているイボが並んでいる

 

上記のように、一口に真珠様陰茎小丘疹と言っても男性によって症状には個人差があり、包茎の人にできやすいのが特徴です。

 

しかし、男性の20%程度に発症する症状で生理現象の一つですし、病気というわけではありません。

 

真珠様陰茎小丘疹とフォアダイスの違いは?

「自分のペニスにブツブツができた・・・」という場合、真珠様陰茎小丘疹やフォアダイスの可能性が高くなります。

 

真珠様陰茎小丘疹はフォアダイスの一種として分類されるケースは多く、以下では2つの症状の共通点をまとめてみました。

 

  • 白色やピンクがかったブツブツが男性性器に形成される
  • ブツブツが急激に増えたり大きくなったりすることはない
  • 痒みや痛みは特にないのでニキビとは異なる

 

見た目で判断するのは難しいものの、症状には微妙な違いがあるのか一度チェックしておきましょう。

 

  • 真珠様陰茎小丘疹:カリ首の周りに規則正しくブツブツが形成される
  • フォアダイス:カリ首ではなく陰茎そのものに白いブツブツが形成される

 

このようにブツブツが形成される場所に違いがあり、見た目で比較してみると真珠様陰茎小丘疹の方がグロテスクです。

 

外見は性病の尖圭コンジローマの発症初期と酷似しており、女性との性行為の際に性感染症なのではないかと勘違いされるケースもあります。

 

顔に形成されるニキビや吹き出物のように、日常生活の中で自然と消えてくれれば問題はありません。

 

しかし、フォアダイスも真珠様陰茎小丘疹も自然治癒せず、「このままの状態では女性に見せることができない・・・」と精神的にネガティブな状態になりやすいのです。

 

真珠様陰茎小丘疹は性病なの?

真珠様陰茎小丘疹に限らず、フォアダイスも男性の生理現象の一つなので性病ではありません。

 

見た目的に女性からの反応が悪いので治療を考えている男性は多いのですが、放置していても症状が悪化したり痒みが酷くなったりはしないのです。

 

そこで、男性が引き起こしやすい性病と真珠様陰茎小丘疹にどのような違いがあるのかまとめてみました。

 

  • 尖圭コンジローマ:性器全体に赤い褐色のようなブツブツが形成される(ヒトパピローマウイルスによる感染症)
  • 性器ヘルペス:水ぶくれのようなブツブツが形成される(単純ヘルペスウイルス2型が原因の感染症)
  • カンジダ症:白いカスのようなものが出たり水ぶくれができたりする(皮膚常在菌のカンジダ菌が原因)

 

これらの性病とは区別され、個人の体質によってできるのかできないのか決まります。

 

包茎の人ほど真珠様陰茎小丘疹はできやすく、常に皮を剥いて露出させ、お風呂の中で洗浄して清潔な状態を保っていれば予防は可能です。

 

しかし、真珠様陰茎小丘疹の対策としては不十分で既に形成されたブツブツが治るわけではなく、あくまでも予防と再発の防止しかできないと心得ておかなければなりません。

 

真珠様陰茎小丘疹ができる原因は?

性病ではないのにも関わらずなぜ真珠様陰茎小丘疹ができるのか、以下では原因について詳しくまとめてみました。

 

体質的な要因
  • 分泌された脂肪や皮脂の塊なので、皮脂の分泌が過剰になりやすい思春期に形成されやすい
  • 亀頭が臭いやすかったり汚れが溜まりやすい男性ほどできやすい

 

不衛生な環境を保っている
  • 分泌された皮脂を洗い流さずに不衛生な状態を保っていると形成されやすい
  • 清潔に保っていてもニキビができる肌質の人と一緒で、何もしていなくてもできることはある

 

包茎(陰茎の先が皮で包まれた状態)
  • 亀頭が皮に覆われていると皮脂の分泌が過剰になりやすい
  • 包茎の男性ほど毛穴の中に皮脂が詰まって塊になりやすい

 

上記のように、生まれつき包茎だったり不潔な状態を保っていたりという原因で真珠様陰茎小丘疹は形成されやすく、患部の清潔さを心掛けなければならないのは間違いありません。

 

男性性器は常に下着で覆われているので高温多湿の環境に陥りやすいですし、他の性病を予防する上でも包茎の人は毎日皮を剥いて洗浄すべきです。

 

綺麗にしていてもブツブツができないと言い切ることはできず、自然と形成されることもあるのが真珠様陰茎小丘疹の厄介な点だと言えるでしょう。

 

真珠様陰茎小丘疹は治療する必要ある? その治療法とは

結論から言うと真珠様陰茎小丘疹はフォアダイスと同じように性病ではなく生理現象なので、「絶対に治療が必要!」というわけではありません。

 

  • 性感染症ではないので性行為で感染するリスクがない
  • 顔のニキビのように腫れ上がったり痒くなったりしない
  • 単純にペニスの見た目のイメージが悪くなるだけ

 

このような特徴があり、今直ぐに治療したり手術を受けたりしなくても良い大きな理由です。

 

現在では男性の悩みを解決する病院やクリニックが増えていて、真珠様陰茎小丘疹によるブツブツを綺麗に除去できるようになりました。

 

悩みが深ければ深いほどコンプレックスの解消に繋がるものの、治療には以下のように幾つかのデメリットがあります。

 

  • 同性でも異性でも明るい場所で自分の性器を曝け出さなければならない
  • 跡が残らずに綺麗に除去できるが、数日間はかさぶたが患部に残る
  • 保険診療の病院では受けられないので全ての費用を自費で負担しなければならない

 

メリットだけではなくデメリットも考慮し、今の自分に真珠様陰茎小丘疹の治療や手術が必要なのかじっくりと考えるべきです。

 

 

真珠様陰茎小丘疹の具体的な治療法は?

真珠様陰茎小丘疹は他の疾患とは異なり、有効な塗り薬などの医薬品が開発されていません。

 

  • 医学的に発生する要因が特定されていない
  • 性病とは違って生理現象の一つ
  • 薬局やドラッグストアで購入できる市販薬がない

 

こういった特徴があり、真珠様陰茎小丘疹の具体的な治療は病院で実施されている電気焼灼とレーザー治療です。

 

電気焼灼の場合は電気で発生する熱を利用してブツブツやイボを凝固させて剥離し、レーザー治療では特殊な光線を患部へと照射してブツブツを焼き切って表面をツルツルの綺麗な状態へと導いていきます。

 

治療法に関わらず1回の処置で綺麗にできるため、何回も病院やクリニックへと通院する必要はありません。

 

局所麻酔を用いるので施術中に痛みを感じることはなく、時間も5分間〜15分間と短いので身体には負担が加わらないのです。

 

自己判断で湿疹の薬をカリ首へと塗布したり、カッターナイフでブツブツを除去したりするのは出血や傷跡のリスクがあるので絶対に避けてください。

 

真珠様陰茎小丘疹の治療にはいくらかかる?

真珠様陰茎小丘疹の治療法について分かったところで、「手術にはいくらくらいかかるのか?」と疑問を抱えている男性はいます。

 

健康保険の適用されない自由診療なので病院やクリニックによって違いがありますが、真珠様陰茎小丘疹の治療費用の相場は3万円〜8万円程度です。

 

真珠様陰茎小丘疹の除去に加えて再発しないように包茎手術を受ける男性も多く、クリニックの医師へと相談してみてはいかがでしょうか。

 

保険が適用されないのはどの病院でも一緒ですが、現在では美容外科の数が大幅に増えたことで治療費の相場は安くなっています。

 

  • 一度カリ首へと形成されると自然に治癒しない
  • セルフケアで取り除くことはできない
  • 病院で電気焼灼やレーザー治療を受けるしかない

 

上記の点を考慮すると医療機関へと足を運ぶしか選択肢はなく、高額な治療費を支払うに値するのか考えてみてください。

 

真珠様陰茎小丘疹は手術する必要ある?

上記でもご説明した通り、真珠様陰茎小丘疹は絶対に手術をしなければならない性病ではありません。

 

放置しても身体に大きな弊害が加わることはなく、「今は彼女がいないから別にいいかな」「ブツブツの範囲が狭いから気にならない」といった男性は無理に手術を受けなくても良いのです。

 

しかし、以下のような悩みを抱えている方は病院での治療を考慮した方が良いでしょう。

 

  • 昔の彼女にペニスのブツブツで引かれてトラウマになっている
  • 一度性病と間違えられて女性と満足に性行為ができない
  • 精神的にストレスが溜まって勃起不全に陥っている

 

デリケートな悩みだからこそうつ病や自律神経失調症を併発するケースも多く、心への悪影響を抑えたいのであれば真珠様陰茎小丘疹を除去すべきです。

 

そこで、どのような基準で真珠様陰茎小丘疹を手術するクリニックを選べば良いのか幾つか挙げてみました。

 

  • 包茎や亀頭のブツブツの手術で信頼と実績を得ている
  • 適正な価格で治療や手術を行っている
  • 痛みを最小限に抑えたり自然な仕上がりを目指したりできる高い技術を持っている
  • 無料カウンセリングが実施されている
  • アフターケアのサポートが万全で整っている

 

これらの選び方に着目していれば失敗はなく、包茎手術や包茎治療を専門ドクターがバックアップしてくれる東京ノーストクリニックがおすすめです。

 

真珠様陰茎小丘疹やフォアダイスの治療も受けられるので、悩みを解決するためにも東京ノーストクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

まとめ

以上のように、真珠様陰茎小丘疹を治療した方が良いのかどうかは個人の考え方によって決まります。

 

  • 特に気にならない⇒治療せずに放置してもOK
  • 少し気になる⇒治療するのかどうか相談した方が良い
  • 女性不信になっている⇒早めに治療を受けた方が良い

 

上記のような目安があり、医療技術の発達によって安全に治療や手術を受けられるようになったので一度相談してみましょう。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる