フォアダイスを治療するための薬は市販されている?

フォアダイスは皮膚トラブルの一つなので塗り薬で治せそうな気がしますが、残念ながら薬局やドラッグストアで薬は市販されていません。

 

専門の病院やクリニックを受診する形となり、どの程度の費用がかかるのかこのページではまとめてみました。

 

市販薬は今のところ販売されていません

「フォアダイスを薬局やドラッグストアで販売されている市販薬で治すことができたら・・・」と考えている男性は少なくありません。

 

確かに、フォアダイスの治療は意外と簡単ですし、専門の医療機関を受診すれば炭酸ガスレーザーを照射したり電気メスで切ったりして5分間〜10分間程度で除去できます。

 

「何回も通院してレーザーを照射しなければならない」という面倒な処置は必要ありませんが、保険外治療なので全ての費用を自費で負担しなければならないのです。

 

もし、フォアダイスの市販薬が実店舗や個人輸入代行業者で販売されていれば、金銭的な負担なくコンプレックスや悩みを解消できます。

 

しかし、残念ながら今のところはフォアダイスの市販薬は販売されていません。

 

  • マツモトキヨシ
  • サンドラッグ
  • ツルハドラッグ

 

これらの大手の薬局でもフォアダイスの市販薬だけは取り扱っておらず、その理由を以下ではまとめてみました。

 

  • フォアダイスはSTD(性感染症)の一種の尖圭コンジローマと症状が似ているだけで根本的に異なる
  • 病気ではなく脂肪や皮脂が固まって形成された塊に過ぎない
  • 身体や皮膚に害を与えるような病気ではないので治す必要性はない
  • 放置していても皮膚が炎症を起こして赤くなったり痒くなったりしない

 

病気であれば様々な製薬メーカーが症状を緩和するための医薬品を開発します。

 

一方でフォアダイスは病気ではなく生理現象の一つですし、60%以上の男性に発生しているほど珍しくない症状なのです。

 

海外の医薬品を数多く取り扱っている個人輸入代行業者のオオサカ堂でも、フォアダイスを治す治療薬は取り扱っていませんでした。

 

市販薬でも処方薬でも対処できないのが特徴なので、白いブツブツやイボがどうしても気になる男性は電気焼灼(でんきしょうしゃく)や炭酸ガスレーザーの手術を行う医療機関へと足を運んでみてください。

 

 

脂漏性皮膚炎や湿疹で用いられる薬を使うのは危険!

脂漏性皮膚炎や湿疹では以下の治療薬が用いられています。

 

  • 炎症が起こる流れの根本的な部分を食い止めて痒みや赤みを抑制するステロイド外用剤
  • 炎症を鎮めるのが特徴で穏やかな効き目が期待できる非ステロイド剤
  • 炎症が悪化して塗り薬を塗布できない時や痒みが酷い時に使用される内服(飲み薬)

 

どの種類でも薬局で市販薬として販売されており、「フォアダイスにも効くのではないか?」と考えている男性は少なくありません。

 

しかし、ステロイド系の軟膏は粘膜部分からの吸収が強く、亀頭が赤くなったり皮膚が委縮したりといったトラブルのリスクがあります。

 

自己判断で使用してもフォアダイスが治るどころか新たな皮膚トラブルを呼び起こす結果となるので注意が必要です。

 

クリニックで治療する際にはいくら必要?

フォアダイスを市販薬で治すことはできないため、ブツブツを取り除く際はクリニックを受診して専門の治療を受けなければなりません。

 

上記でもご説明したように保険外治療なので、いくら必要なのかクリニックよって異なります。

 

フォアダイスの治療にかかる費用の相場は1万円〜10万円程度となっており、どのくらいの費用が発生するのか医療機関で相談してみた方が良いでしょう。

 

レーザー治療
  • 特殊な光線を照射する治療で、ブツブツ以外の組織を傷付けずに除去できる
  • 出血はほとんどなく手術時間は5分間〜10分間と短い
  • 患部は数日間〜1週間程度でかさぶたとなって自然に剥がれる
  • 次第に皮膚の表面が綺麗な状態となって治療跡が目立たなくなる

 

電気メス治療
  • 熱を利用した電気メスで組織を破壊したり除去したりする
  • 顔や身体のほくろを除去する際にも使われている
  • 局所麻酔を打ってから処置を施すので痛みはない
  • 手術を受けた後は塗り薬でアフターケアを行う

 

上記の2種類の方法が代表的で、クリニックによって取り入れられている治療には違いがあります。

 

中にはフォアダイスと合わせて包茎治療を受けられるクリニックもあり、費用は高くなりますが悩みを抱えている男性は考慮してみてください。

 

 

まとめ

以上のように、フォアダイス専用の市販薬は今のところ販売されておらず、湿疹の治療で用いられる塗り薬でも対処できないのでクリニックへと足を運ぶのが基本です。

 

  • どのクリニックを受診すれば良いのか?
  • どこで治療を受けるのが安心なのか?

 

こういった疑問を抱えている方には、25年以上の実績を持つ東京ノーストクリニックをおすすめします。

 

包茎専門医院として数多くの患者さんから選ばれており、フォアダイスを治療する病院としてもピッタリです。

 

治療を受けられた患者さんへのアフターケアを無料で行う親切なクリニックなので、フォアダイスは自分で対処せずに東京ノーストクリニックへと相談してみましょう。

 

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる