B型肝炎検査の症状・原因と検査費用とは?

B型肝炎検査の内容と検査キットでチェックできること

肝臓は沈黙の臓器と言われているので、例えB型肝炎を引き起こすウィルスに感染していても、目立った症状が出てこないと言われています。

 

ですから肝炎ウィルスに感染している患者のほとんどが、自分がウィルスに感染している事を知らないという恐ろしい現状があるのです。

 

けれども、B型肝炎を引き起こすウィルスに感染しているかどうかは、血液検査をするだけで簡単に調べることができます。

 

即日結果は出ませんが、1〜2週間ほどで正確な結果が出て来るはずです。

 

ただしB型肝炎の検査を受けるにあたって、気を付けなければいけないのは、疑わしい日から3ヵ月以上経っているのかという点です。

 

なぜならば、3ヶ月経っていない状態で調べても、HBs抗原という肝炎にかかっている時に存在している抗原があるかないかを調べられないからです。

 

例えば、大手術をして大量の輸血をしたり、新しいパートナーと避妊せずに性的関係を持ってしまった場合には、念のために感染の有無を調べることをオススメします。

 

もちろん、B型肝炎検査に関しても、自宅で簡単に試せる検査キットが販売されています。

 

専用の器具を使用して採血を行い、それを専門の検査機関に送るだけで良いのです。

 

検査キットのご紹介

GME医学検査研究所のB型肝炎チェックキット 4,420円

 

自宅で簡単に出来る検査キットが発売されていますので、仕事が忙しい人や子供が小さくてなかなか病院に行けないという方は、ぜひお試しになってはみてはいかがでしょうか。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる