自宅で調べられるおすすめの性病検査キット比較ランキング

 

最近はセックスも過激になってきましたので、アナルを舐めたり舐められたりといったことはAVだけの話ではなくなってきました。

 

男女間のセックスでもアナルを舐めたりしますが、同性間のセックスでもアナル舐めをしているカップルは多いでしょう。

 

ただしアナルを舐めることは決して安全とはいえません。

 

アナルは便が出てくる穴ですから、清潔にしていても感染症にかかってしまうことがあります。

 

アナルは舐める方に感染のリスクが高いですが、舐められる方にも危険が全くないとはいえません。

 

なお、アナル舐めの際は喉に感染することが多いです。

 

喉の性病は自覚症状が少ないため、検査をして感染しているかどうかを確認するようにしましょう。

 

 

アナルを舐めることで感染する可能性のある病気とは

アナルを舐めた場合と舐められた場合では、やはり舐めた側に感染のリスクが高いです。

 

ヘルペス

ヘルペスはヘルペスウイルスによって生じる感染症です。

 

主に単純ヘルペスウイルス2型が感染源として多いですが、1型での発症報告もあります。

 

ヘルペスは粘膜接触を感染源とします。

 

そのため感染した方のアナルを舐めることでヘルペスウイルスが感染することがあります。

 

ヘルペスの方のアナルを舐めると口に感染することがあるので、口唇ヘルペスの可能性があります。

 

水疱や潰瘍がみられ、有痛性の例が多いです。

 

クラミジア

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという菌が原因で発症します。

 

男性、女性ともに性器に感染すると尿道炎になることがあります。

 

クラミジアは粘膜接触によって感染します。

 

そのためクラミジアに感染した方のアナルを舐めることで感染することがあります。

 

クラミジアに感染したアナルを舐めると咽頭炎を発症することがあります。

 

クラミジアによる咽頭炎は難治性を示しやすく、咽頭に感染しないように注意しなければなりません。

 

淋病

淋病は淋菌によって引き起こされる感染症です。

 

男性、女性ともに性器に感染すると尿道炎を発症します。

 

男性の場合、クラミジアに比べて排尿時の痛みが強いため、自覚症状が非常に強いのが特徴です。

 

淋病は粘膜接触によって感染するため、淋病に感染しているアナルを舐めることで感染することがあります。

 

クラミジアと同じように、淋病の方を舐めると咽頭炎になるリスクが高くなります。

 

難治性のため感染しないように対策しなければいけません。

 

梅毒

梅毒は梅毒トレポネーマという菌によって引き起こされる病気です。

 

感染者との粘膜接触によって引き起こされるため、アナルを舐めることで感染する可能性があります。

 

梅毒を治療せずに放置していると、神経や心臓にまで菌が及び死んでしまうことがありました。

 

現在では梅毒に感染してもそのステージまで到達することはほとんどありませんので安心してください。

 

赤痢アメーバ

赤痢アメーバと呼ばれる寄生虫が侵入することで発症します。

 

寄生虫といっても目に見えるほど大きくはありません。

 

年間500から1,000例ほど感染報告があり、約9割が男性となっているため、男性同士の性交渉時には特に注意が必要です。

 

赤痢アメーバの感染源は便です。

 

赤痢アメーバに感染している方の便が口に入ってしまうと、赤痢アメーバに感染します。

 

発展途上国では生水や未加熱の野菜などが感染源になりますが、日本では性行為による感染がほとんどです。

 

赤痢アメーバの潜伏期は数週間とされています。

 

しかし感染後数年経ってから発症するケースも報告されており、発症時期については大きな幅があります。

 

赤痢アメーバに感染すると便に血が混じるようになります。

 

下痢や腹部の不快感、貧血などの症状も呈する可能性があります。

 

A型肝炎

A型肝炎はA型肝炎ウイルスによって引き起こされる感染症です。

 

生カキなどを摂取することで感染することがありますが、アナルを舐めることでも感染することがあります。

 

A型肝炎が感染する原因は、赤痢アメーバと同じく便です。

 

A型肝炎にかかっている人の便が口に入ることで、感染してしまうことがあります。

 

A型肝炎に感染すると発熱などの症状を呈します。

 

ひどくなると急性腎不全や溶血性貧血、低血糖発作など合併することがあり注意が必要です。

 

ただしA型肝炎に感染したほとんどの例は慢性化することがありません。

 

症状は一過性のため、対症療法で乗り切る必要があります。

>>最短翌日に結果が分かる、おすすめの性病検査キットを見てみる


アナルを舐められることで感染する可能性のある病気とは

アナルは舐められることでも感染することがあります。

 

舐める側よりも頻度は減りますが、注意が必要です。

 

クラミジア

クラミジアが咽頭に感染している場合、アナルを舐めた際に移してしまう可能性があります。

 

咽頭炎は治療に難治性で、クラミジアに感染していても自覚症状がほとんどないので、気付かないうちに感染を拡大させてしまうことがあります。

 

クラミジアがアナルに入ると直腸炎になることがあります。

 

淋病

クラミジアと同じく淋病も咽頭炎を起こすため、アナルを舐めた際に移してしまう可能性があります。

 

淋菌がアナルに入ると直腸炎を引き起こすことがあります。

 

ヘルペス

口唇ヘルペスの方がアナルを舐めると、口に存在していたヘルペスウイルスが感染してしまうことがあります。

 

ヘルペスウイルスがアナルやその周囲に感染して、性器ヘルペスになるので注意しましょう。

 

アナル舐めで性病にかかることを回避する方法とは

アナルを舐めることで性病にならないようにする一番の方法は、アナルを舐めないことです。

 

これでアナルによる感染を防ぐことができます。そうは言っても舐めたい時はあると思います。

 

性病にならない方法としては、オーラルセックス専用コンドームのデンタルダムを使いましょう。

 

普通に使う際には女性の性器に貼って使います。

 

つまり舐める側と舐められる側の粘膜が接触しないようになっています。

 

アナルによる感染のほとんどは、粘膜接触を断つことで予防することができます。

 

アナルを舐めるのがどうしても我慢できない方はデンタルダムを使って性病を予防しましょう。

 

他の対策としては、不特定多数との交渉を避けることです。

 

特に風俗でアナルセックスをするのはオススメできません。

 

どの性病を移されるのかわかりませんので、できるだけ粘膜接触を避けましょう。

 

またアナルセックスをする前には、しっかりと洗ってください。

 

粘膜接触による感染は防ぎにくいですが、赤痢アメーバなどの便による感染のリスクを抑えることができます。

 

アナル舐めの後は「喉の性病検査」を行いましょう

アナルを舐めた後は喉の性病検査をオススメします。

 

舐めた後に感染する場所は、基本的に口腔内です。

 

一度喉に感染すると完治するまで時間がかかり、オーラルセックスで他の方に移す可能性が非常に高くなります。

 

特に風俗はアナルに限らず性病をもらう格好の場所です。

 

風俗で性病を貰ってきて、パートナーに移すなんてことは絶対に避けなければなりません。

 

そうなる前に喉の性病検査を行ってください。

 

今は淋病やクラミジアなどの菌を調べるためのキットがあります。

 

そのキットを使うことで、素早く、安く性病検査を行うことができます。

 

 

まとめ

アナルセックスでも普通のセックスと同じように、性感染症のリスクは十分あります。

 

アナルには菌がたくさんいるので、クンニでは感染しないような菌にも感染する可能性があります。

 

アナルを舐めた時には、喉に菌が感染していないかチェックが必要です。

 

その時に便利なのが喉の性病検査キットです。

 

他の人に移さないためにも、アナルを舐めた際には必ず性病検査キットで確認しましょう。