自宅で調べられるおすすめの性病検査キット比較ランキング

「性病にかかってしまっているかもしれない・・・」 そんなふうに考えると、落ち着かないですよね。

 

なのに性病にかかっているかどうかの検査は病院や保健所に行かないと検査できない。

 

検査結果が分かるまで1週間から2週間かかってしまう。そんな事態が往々にしてあります。

 

しかし、このサイトで紹介している性病検査キットを使えば、病院に行く時間がない・周りにばれずに検査を受けたいという場合でも自宅で検査を受けることが出来ます。

 

しかも、保健所や病院よりも早く結果を知ることが出来るのです。

 

なお、このサイトで検査結果が一番早く分かるとして選ばれているのはGME医学研究所です。

 

検査結果の確認が最短翌日に確認出来ますし、一度に12種類の性病を調べることが出来ます。

 

>>GME医学研究所のホームページを見てみる

 

検査完了までのスピード・検査の信頼性ランキング

GME医学検査研究所

  • 検査結果は最短翌日で確認可能
  • 自宅以外の受け取りであれば、匿名での注文が可能
  • 自宅に送る場合も、会社名を隠して送ってくれます
最大12種類の病気に関して調査可能

B型肝炎/C型肝炎/HIV / エイズ/梅毒/淋菌/クラミジア/トリコモナス/カンジダ/のど淋菌/のどクラミジア/HPV(女性)/子宮頸がん

 

最多検査項目数を誇る

他の性病検査キットよりも3項目以上多い、12項目の検査が可能

 

>>GME医学研究所の公式サイトを見てみる

 

ふじメディカル

注文した日の翌日には検査キット発送。自宅で検査後、先方に到着してから2日後には検査結果がわかります。

 

自社ラボでの検査ですが、横浜市登録の衛生検査所だから信頼できますね。

  • 自宅以外の受取可能
  • 会社名を隠して送ってくれます
最大9種類の病気に関して調査可能

HIV/梅毒/淋菌/クラミジア/トリコモナス/カンジダ/B型肝炎抗原/B型肝炎抗体/C型肝炎

 

カップルで受けるなら、「カップル割適用」のこちらがおすすめです。

 

>>ふじメディカルの公式サイトを見てみる

 

宅配ドクター

  • 検査結果は最短3日で確認可能
最大最大8種類の病気に関して調査可能

淋菌/トリコモナス/カンジダ/クラミジア/梅毒/エイズ/淋菌(のど)/クラミジア(のど)

個人名での配送が可能です

どの会社から送られたか分からなく出来ますので、家族にもバレにくく出来ます。

 

>>宅配ドクターの公式サイトを見てみる

 

STD研究所

  • 検査結果は最短3日で確認可能
最大7種類の病気に関して調査可能

クラミジア/淋菌HIV(エイズ)/梅毒/B型肝炎/クラミジア(のど)/淋菌(のど)

 

購入後に電話で相談可能

採取器具の使い方や検査について質問があれば、何度でもお電話いただけます。

 

>>STD研究所の公式サイトを見てみる

 

ここまでのランキングをまとめさせていただくと、このようになります。

社名 結果が出る日数 検査項目数
GME医学研究所 最短2日 12項目
ふじメディカル 最短2日 9項目
宅配ドクター 3日 8項目
STD 3日 7項目

 

色んなキットを紹介されて「結局どれを選んでも同じなんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、実はGME医学研究所の検査キットが「完了までの日にち」「一度に検査できる項目数」共に一番コストパフォーマンスが高いのです。

 

「性病かどうかの不安」は1日でも早く解決して、安心な日常生活に戻りたいですよね。

 

よって、1日でも早く検査結果を確認できる「GME医学研究所」で検査をしてみませんか?

 

>>GME医学研究所のホームページを見てみる

 

性病検査とは

性病検査というのは慣れない人にとっては、ある種の恐怖ではないかと思います。それはペニスに棒を突っ込まれてグリグリと動かされて痛みに悶えるのではないか。あるいは、医者に根掘り葉掘り状況を訊かれて恥ずかしい思いをするのではないか。あるいは保険証を出して診療してしまうと会社や家族にバレてしまうのではないかといったものです。いざ、バレてしまえば一巻の終わりですので、性病検査に向かうことを躊躇する方もいるかもしれません。しかし現在ではそういったことを行う病院はまずないと言っていいと思います。
 性病検査は現在では尿検査で行うことがほとんどです。場合によっては血液検査などもあるかもしれませんが、少なくとも、棒をアソコに突っ込まれてグリグリというのは一昔前の検査法であると言えるでしょう。尿検査の場合は、時間を開けていないと尿で原因菌が流されてしまい正しい結果が出ないことがあります。そうなので検査に向かう場合は排尿を我慢していく必要があります。病院のウェブに目安の時間などが記されているので確認してみると良いでしょう。
 色々と訊かれるのではないかといったものも心配することはないでしょう。こちらが訊かれて恥ずかしいことであるということはお医者さんも承知ですので、ズケズケと訊いてくることはありません。何より尿検査で症状ははっきりとするので問診は補助的なものになりつつあります。
 保険証の問題も明細の欄に性病科とズケズケと記載されるようなことはありません。泌尿器科と掲載されることは場合によってはあるようですが、これも少ないようです。性病検査以外にも下半身の病気は無数にありますから、あまり心配することはないでしょう。

性病検査キットを使う理由

自分はもしかしたら性病に感染したかもしれないけれども、いざ病院へ行くのは気がひける。地元の病院ならば世間の目もあるかもしれない。さらには、仕事が忙しくてどうしても行けない。そういった理由を抱えた人のために、性病検査キットが存在します。
 これは自ら性病検査キットを取り寄せて自宅で粘膜や血液の一部を採取して、それを特定の機関に送ることによって、自分が性病であるか否かがわかるというものです。検査は迅速に行われているので、キットを送り返してから数日から一週間ほどすれば、インターネットを通じて検査結果を確認できるところも少なくありません。 これはとても便利なものですが、実際に性病の反応が出てしまっても、病院へ行くのは自分の意思がなければいけませんので、そこは気をつけなければいけません。
 さらに性病の怖いところ、やっかいなところとして潜伏期間というものがあります。実際に細菌に感染しているのだけれども、まだ症状が出ていない場合があります。さらには、その時だけ症状が出ないようになっているということもあります。性病の細菌というのはとても微細なものなので、例えば尿をしただけで洗い流されてしまうという場合もあると言われています。そのため、検査キットを取り寄せた際は、注意書きをよく読んで正しい条件でサンプルの採取を行うことが重要です。それを守らないと性病ではないとわかっても、症状が残っていたり、ぶりかえしたりということもあるのです。
 さらにもしかしたら性病かもしれないと思い続けることは精神的なストレスにもなりますので、やはり正しい性病検査キットを行って白黒はっきりさせるということが重要になってくるのではないでしょうか。

 

おすすめサイト

【体験談あり!】セフレに出来る人妻とセックスできる出会い系サイト徹底比較│セフレ人妻体験談まとめ